Tag: バックアップ Tag: dump Tag: restore

Ubuntu、Linuxのシステムバックアップ

システム全体のバックアップ

 標準的なコマンドとしては、dumpとrestoreを使う方法が紹介されていると思います。ハードディスクが故障して新しいハードディスクにrestoreする場合は、OSのブートを行うMBRも設定しなければならない。以下などを参考にするといいと思われる。なお、WEBサイトには間違いもあるので、鵜呑みにせずに良く読んで不明な部分を解決し、まずはテスト環境でデータを戻してから本番環境で実行する事をお勧めします。基本的にrestoreはライブCDで起動し、バックアップ元、バックアップ先を手動でマウントして作業します。起動したUbuntuに上書きするような形でrestoreはしません。Cronezillaなどのバックアップ用に調整されたライブCDはデータのある部分のみを効率よく取得し、バックアップ元とバックアップ先の領域のサイズが多少違ってもリストア出来るようになっています。

様々なバックアップ方法があります。以下などを参考に確実にバックアップ、リストア出来る方法で運用してください。

上記URLに、tarでバックアップする方法が、以下にあります。これは、起動したシステムの/以下をバックアップする方法になると思います。少し情報が古いですが、これで問題無ければ、この方法が処理しやすいかもしれません。ただし、新しいハードディスクを利用しての復元(リストア)ではGRUBのインストールが必要ですし、swapパーティーションも適切に作成、設定します。
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Others/BackUpAndRestore

 原文と思われる以下のURLには更に詳しくtarコマンドを利用した場合のバックアップについて説明があります。
https://help.ubuntu.com/community/BackupYourSystem/TAR

【注意】 リストアの際で、新しいHDDにリストアする時などファイルシステムをmkfs.ext4などで初期化する必要がある場合には、ライブCDなどを使ってパソコンを起動しますが、ライブCDで利用するファイルシステム管理プログラムのファイルシステムのサポートしているバージョンとリストアされるそのバージョンに大きさ差があるとシステムが起動しない事があります。したがって、リストアの際には、そのOS(Ubuntu)のバージョンのライブCDで起動して作業をして下さい。そうすると概ねバージョンが大きく異なることはなく、ファイルシステムのサポートされるバージョンの差異によるトラブルを回避出来ます。




バックアップ(保存)先のメディア、機器

同一PC内

別のPC、サーバー、NASなど

NAS

RAID1のミラーリングなどが出来るNASがお勧めです。